iyy - アニバーサリー・コミュニティサイト 結婚式・ブライダル・ウェディング、旅行、キッズ、イベントなど、iyyサイトはお友達との幸せつくりをお手伝いします。

結婚式の基礎知識 - ゲスト編

招待状の返信のマナー
結婚式及び披露宴の招待状が送られて来たら、出欠の返事は、受け取ってから1週間以内に祝辞を添えて、返事をするようにしましょう。
返信ハガキの返信の期限日は、たいてい結婚式の1ヶ月前の大安が書かれています。
しかし、返信の期限よりも、できるだけ早く返事を出しましょう。
メール等で済ませたり、招待状が来たのに返信しないのは非常に失礼になります。
表書き
返信先は、既に「○○行」や「○○宛」と書かれて(印刷されて)いますので,名前の下の「行」を二重線で消し、横に「様」と書きます。
裏書き --- 出席の場合
「御出席」「御欠席」「御住所「御芳名」と書かれていますが、出席の場合は「御出席」の「御」を二重線で消し,「出席」に○をつけ「出席」の上には「喜んで」下には「させていただきます」と記入すると丁寧に感じます。
ワンポイントアドバイス ワンポイントアドバイス
余白に「当日を楽しみにしています」「この度はお招きいただきありがとうございます。当日お会いできるのを楽しみにしています」など、お祝いの言葉・お礼の言葉を一言を添えるのもよいでしょう。
裏書き --- 欠席の場合
出席の場合と同じように「御欠席」の「御」を二重線で消して、「欠席」に○をつけます。欠席ならば「所用のため」「都合がつかず」「やむをえない事情のため」などとぼかした方が無難です。 自分の住所と名前を書く欄に、「御芳名」「御住所」とある場合は、「御」の文字を消します。 また、「御」の文字の上に、「寿」と書く場合もあります。 また、自分の名前と住所の記入を忘れないように注意しましょう。
 
結婚式・披露宴に参加できない場合
都合により招待されても、出席することが出来ない場合の相場は1万円程度とされています。
出席のお祝い金の額から披露宴の食事代を引いた金額が目安になっています。
 
結婚式・披露宴当日
会場と当日の時間を必ず事前に確認し、時間に余裕をもって到着いたしましょう。
もしやむを得ない事情で遅れる場合は、会場に連絡を入れ受付けの方に伝えましょう。
到着後は、会場の係の方に事情を説明し、結婚式の進行の邪魔にならない様に、席に案内してもらいます。
 
受付でのご挨拶
受付では、「本日はおめでとうございます」とお祝いの一言をかけましょう。
そして、芳名帳に住所と名前を書いてからご祝儀袋を渡します。
芳名録は、上司や恩師など、目上の方に書いていただくためのページを冒頭に見開きで2〜3ページほど空けておくのが常識です。最初の署名をするときは、この点を留意して適切なページに記帳するように気をつけてください。
 
ご祝儀袋について
結婚祝いの水引の色は紅白、もしくは金銀で、結婚等の1回だけのお祝いは『結び切り』と呼ばれる形のものが結婚祝い用として使用されます。
蝶々結びになっているものではなく、紐の先が上を向いているものを選びましょう。
(蝶々結びのお祝い封筒は慶事が何度あってもよいときに使います。)
また、ご祝儀袋は松や鶴が付いているなど豪華なものもありますが、包む金額によって合わせましょう。
ご祝儀袋 ご祝儀袋 ご祝儀袋
1〜3万円 5〜8万円 10万円以上
■ 結び切り
一般的な形のもの
■ あわび結び
金銀が多く、結び切りより豪華です
■ 水引細工
水引紐だけでなく、鶴や鳳凰などが細工されたもの
書き方 --- 表書き
「寿」「御結婚御祝」「御祝」などを水引の結び目中央の上に書きます。 水引の下部中央に名前を少し小さめの文字で書きましょう。 ボールペンや、薄い墨で書くのは弔事の書き方になるので避けましょう。
ご祝儀袋 ご祝儀袋
個人名の場合 連名の場合
マメ知識 マメ知識

「御の文字の意味」

「御」という文字には、もともと「禦(ふせ)ぐ」という意味があります。 古代、人々は災禍や病気から身を禦ぐために神仏に祈り、祓い清めるなど祭祀事を行っていました。
御 人間のひざまずいて、拝んでいる姿を表しています。
馬を示し、馬がまっすぐに進行することを表しています。
足を示します。一歩一歩進む足を表します。
道路の交差点を示し、左半分に省略した形を表します。
「養馬をひきいて、道を進み、祭祀事を行い、人がひざまずいて、うやうやしく行うこと」を示す文字です。
お札の入れ方
お札は、中袋に「新札」でお札の表が上にくるようにしましょう。
書き方 --- 中袋の書き方
表には、金額を漢数字で記入 例:金参萬円 裏には、一般的には「寿」を書きます。寿には末永く、永遠に・・・という意味が込められています。 中袋に住所、氏名を記入される方も多いようです。 中袋 - 表書き 中袋 - 裏書き
中袋 - 表書き 中袋 - 裏書き
ご祝儀袋の包み方
ご祝儀袋の外袋は上を折ってから下を折ります。下から折った面が上になるようにしましょう。 逆にしてしまうと弔事の折り方になってしまいますので注意しましょう。
袱紗(ふくさ)
袱紗(ふくさ)は絹やちりめんで織られた小さな風呂敷で、儀礼用として使用されます。 ご祝儀袋は袱紗(ふくさ)に包んで受付に持って行きます。 袱紗で贈り物を包むことは、贈り物を丁寧に扱っている、つまり贈る相手を大切に思っていることを示します。 むき出しのままもって行かないように気をつけましょう。
 
結婚式の受付
ご兄弟・従兄弟の方は、ご家族様・ご親族様は記念写真「集合写真」の撮影と受付開始時間が重なる時もあるので、信頼できるご友人にお願いする場合が多いです。
 
依頼された場合の受付係の基礎知識
結婚式場には、披露宴開始前の1時間程度前に到着し受付開始時間・ご祝儀の扱い・受付終了時間、控え室、披露宴会場、写真室、更衣室、開宴時間、お開きなどの時間、お預かりしたご祝儀袋は、誰に渡すかなどを確認しておきましょう。
招待客を迎える側であるので控えめにすることが大切です。
ご祝儀袋は両手でいただき「ありがとうございます」または「お預かりします」と失礼のないように挨拶してお名前を確認します。
記帳していただいたら席札をお渡します。
そして祝儀袋を責任もって預かることが大切です。
開宴となり全員がそろっていない場合は一人だけ受付に残して他の人は宴に参加します。
お預かりしたご祝儀袋と芳名帳は、責任を持って預かり,指定された人に直接手渡します。
 このウェブサイトに掲載されている全てのコンテンツは、オークツリー コーポレーションおよび第三者が有する著作権により保護されております。著作権者の許可無く、複製、転載等の行為をお断り致します。
デジタルビュア説明ページへ
愛キャンパスの説明ページへ
フォトDVD説明ページへ
CD-Rコピーサービス

WWW を検索
iyy を検索