iyy - アニバーサリー・コミュニティサイト 結婚式・ブライダル・ウェディング、旅行、キッズ、イベントなど、iyy愛わいわいサイトはお友達との幸せつくりをお手伝いします。

スピーチ

大学のサークル仲間
From: Our Wedding

☆☆君、○○さん。ご結婚おめでとうございます。
ご両家の皆様には心よりお喜び申し上げます。
私は大学時代、新郎の☆☆君と同じサークルに所属していた■■と申します。
当時は飲み会や合宿にアルバイトと、どんなところでも☆☆君と私のコンビは 仲が良くて有名でした。
何でも話せる友人として青春時代を、 時に楽しく時に苦しく、一緒に満喫した思い出は私の宝物です。
当時の私は就職や恋愛などの悩み事を☆☆君に聞いてもらっては、 励ましの言葉を掛けてもらいその度に勇気をもらっていたものです。
そんな☆☆君をこれからは独り占めできる○○さんが、ちょっぴり羨ましく思います。
☆☆君はこの先、○○さんの面倒ばかり見て、 私たちのことを構ってくれないのではないかと心配です。
冗談はさて置き、○○さん!頼り甲斐のある男なので☆☆君に付いていくことで、 必ず幸せへと導いてくれるはずです。
でもたまには僕の仕事や恋愛の相談を大学時代の様に、 これからも☆☆君に聞いてもらえたらなと思いますので、そのときはどうか☆☆君を 取られたなんて思わないで下さいね。
○○さん。今日のこの日の感動を忘れることなくいつまでも仲むつまじい夫婦でいて 下さい。
本当におめでとうございます。

学生時代の友人
From: Our Wedding

■■君、▽▽さん。ご結婚おめでとうございます。
私は新郎の■■君とは学生時代からの友人で◇◇と申します。
学生時代の■■君の印象は真面目だけど面白いの一言で言い表せます。
今、新婦の▽▽さんの横で嬉しそうに笑っている■■君の姿は、 学生時代には全く想像できませんでした。
私達が「あの子かわいいよね。」と学校の女の子のことを話していても無関心。
「このアイドルと付き合えたら夢みたいだよね」と芸能人に夢中になっていても無関 心。
ユーモアがある発言で周囲を爆笑の渦に巻き込んでくれていた■■君は、 女の子のことに関しては奥手でシャイだったのです。
そんな■■君を虜にしてしまった▽▽さんは、 とても魅力的で素晴らしい女性なのだと思います。
あの■■君がデレデレになっているのを今目の前にしても、 あの頃を知っている私には「これは夢なんじゃないか!?」と思ってしまいます。
■■君と▽▽さんにしてみれば正に夢のような毎日が、 これから待っていることだろうと思いますが。
■■君。これからはいつもの面白い話で私達を大爆笑させてくれるだけでなく、 ▽▽さんとのラブラブトークで、微笑ませて下さい。
期待して待っています。
これからいつまでも仲の良い夫婦でいて下さい。
本当におめでとうございます。

高校時代のクラスメート
From: Our Wedding

☆☆君、○○さん。ご結婚おめでとうございます。
私は☆☆君の高校時代の友人で▽▽と申します。
高校三年間同じクラスで同じ時を過ごし、私にとって一番の親友である☆☆君。
誰よりも優しい☆☆君をいつも私は尊敬していました。
私だけでなく周りのみんなに優しいのが☆☆君の素晴らしいところです。
高校二年生の修学旅行に行く前に、クラスで班決めをしていた時。
シャイで人と話すことが苦手なクラスメートがひとりでポツンと困っているのを見た ☆☆君は、 さり気なく近寄り「僕たちの班に入りなよ。」と優しく声を掛けたのです。
他のクラスメートは気付いていながら見て見ぬ振りをしていたはずです。
私も何とかしなければと思ってはいましたが、行動に移す勇気はありませんでした。
その☆☆君の優しい行動を見た私は友人であることを誇りに思うと同時に、 尊敬し、見習わなければと思いました。
人の為に自分が出来ることをしてあげて、 困っている人を助けてあげたいという気持ちから弁護士になった☆☆君の昔から変わ らない優しさを象徴するエピソードです。
そんな優しい☆☆君はこれから先ずっと○○さんのことを大切にしていくことだと思 います。
○○さんも☆☆に思いきり甘え、頼ってあげて下さい。
二人で力を合わせていつまでも仲の良い夫婦でいられるように頑張ってください。
それでは、お二人の前途が今日のように幸せに満ちた日々でありますように。

高校時代の野球部の同級生
From: 同級生

○○君、■■さん。ご結婚おめでとう!
ただ今ご紹介を頂きました、新郎の友人◇◇でございます。
先ほどから皆さんの祝福に喜びを隠しきれない○○君の様子を見て、
私も結婚したいなぁと思い始めました。
○○君と私は高校時代、同じ野球部に所属していました。
毎日厳しい練習に励み、甲子園に行くことが私達の夢でした。
強豪校ではなかったのですが、みんなのやる気だけはどこにも負けていなかったと思います。
その野球部でキャプテンを務め、チームをまとめていたのが○○君です。
部員ひとりひとりに気を配り率先して声を出しチームを鼓舞する○○君の姿に、私は頼もしさを感じ、ますます練習にも熱が入ったものです。
練習の後も毎日残ってひとり黙々と練習をしていた○○君は、その誠実さで社会人になってからも周囲に慕われる存在で大活躍しているようです。 甲子園に行くという夢は叶いませんでしたが、
今○○君は新しく、■■さんの未来いう素晴らしい夢を手にしました。
○○君。これからは家庭のキャプテンとして、■■さんを引っ張っていって下さい。
きっと温かい素敵な家庭を築きあげていけるはずです。
どうぞ末永くお幸せに。

幼馴染み
From: 男性

○○君、■■さん。ご結婚おめでとうございます。
私は○○君と幼少の頃からの友人で△△と申します。
いわゆる幼馴染みといった私たち二人は、 物心ついた時から自然といつも横にいて何をするにも一緒でした。
結婚に関しては先を越されちゃいましたが、私も自分のことのように嬉しく思ってい ます。
朝は一緒に学校に通い、休み時間もサッカーや草野球といった遊びに夢中になりまし た。
放課後も、もちろん二人で川へ釣りに出かけたり、 山に登って秘密基地を作ったりと泥だらけになりながら遊んだ楽しい思い出がいっぱ いです。
帰りが遅く、服は毎日泥だらけだったので二人とも親にはとても迷惑を掛けていまし た。
しかし、今こんなに立派になられた○○君の姿を見て お父様、お母様もきっと頼もしく感じていることでしょう。
小さい時からいつも一緒だった○○君と私。
これからは■■さんが、私と過ごしたあの頃のようにどこへ行くにも○○君と一緒で、 隣にいることが当たり前という存在になるのだと思います。
二人仲良く二人三脚でこれからたくさんの楽しい思い出を作っていって下さい。
私もお二人がこれから先ずっと幸せでありますようにと心からお祈りしています。
でも○○君!たまにはあの頃みたいに二人で遊んで下さい。よろしくお願いします。
本日は、このような素晴らしい披露宴にお招きいただき誠にありがとうございました。



スピーチを投稿する